[EFT] AKS-74U カスタムを紹介。Praporタスク「The Punisher Part.3」のお供に!(Skier LL2推奨)

AKS_CUSTOM Escape from Tarkov( タルコフ )

こんにちは、アフロドッグです。

夏休みの課題のように、タルコフのタスクをこなしています。

初心者でもタスクをこなすことで、ゲーム理解がすすむようになっており、「タルコフを買ったけど何をやっていいかわからない!」という方は、タスクを進めましょう。

さて、今日はタスクでも使えるコスパ良好武器『AKS-74U』のカスタムを紹介します。Skier LL2が必須になってくるカスタムです。Praporのタスク「The Punisher Part.3」では、この武器をつかってカスタムのSCAVを倒すのがオススメです。

弾はSCAV相手であれば、PSなどでいいと思いますが、PMC対策も考えると、BTを装填することおすすめします。BTが買えない段階では、BPがおすすめです!

完成したAKS-74Uカスタム

完成図はこちらになります。縦反動は73、横反動は231です。サプレッサーがついているため、エルゴは犠牲になっていますが、そこそこ撃ちやすいです。

サプレッサー:AK-74 Hexagon 5.45×39 sound suppressor (約2万ルーブル / フリマ or Skier LL2)

お金に余裕があれば、SCAV狩りにサプレッサーはおすすめです。理由としては、SCAV狩りを狙いに来るPMC対策です。さくっとSCAVを倒して、その場から離れるのがいいでしょう。

なぜなら、PMCキルタスクをしている人は、SCAV狩りをしているPMCを狙うからです。

AKS-74Uにつけるサプレッサーは高級でなくてもいいので、普及しているサプレッサーをつけましょう。その中でも『AK-74 Hexagon 5.45×39 sound suppressor』は普及していておすすめです。

フリマでも多く流通しており、入手しやすい!

ちなみに店売りのSkier LL2は、約4.5万ルーブルとやや割高なので注意。フリマを使えるようになるまでは、サプレッサーはあきらめるか、拾ってきたものをつけるのがベスト。

ストック: AK Zenit PT-1 (Skier LL2 約1.5万ルーブル)

ストックはケチりたくなりますが、リコイルが格段にしやすくなるので、Skier LL2以上であれば、『AK Zenit PT-1』にカスタマイズ推奨。

お金に余裕がある人は、Skier LL3以上で買える『AK Zenit PT-3』もいいでしょう。

AKSにつけるロックもSkierで購入できます。

マガジン: 6L31 (1~2万ルーブル / フリマ or ハイドアウト)

60発装填できるマガジン『6L31』がおすすめ。弾数が多いことは正義です。

なぜなら、弾数が多いと、リコイルしやすいからです。正確に言うと、リコイルする必要のない弾が増えます。

このカスタム銃を使って撃ったリコイルパターン(下の絵)を見てみてください(リコイル制御していません)。

2弾目の跳ね上がりはそこそこですが、打ち続けると、真ん中に集弾するようになります。なので、うちはじめは胸を狙って撃って、あとは弾丸数に任せると強いです。リコイル制御は不要ですw

60発マガジンの『6L31』の入手方法は、

  • 自分で作る(ハイドアウト / Lavatory 洗面所 LV2)
  • フリマで買う
  • Praporで交換(Therm. x 1)

一番のおすすめは、『6L31』を自分で作ることです。普通の30連マガジン『6L23』とKEKで作れるため、序盤に作りためておくと便利です。KEKは頑張ってレイド内で探しましょう。

フリマを使える人は1~2万円以内で買えます。結構価格が変動するので注意です。

ハイドアウトでつくれる
Praporでも交換できる

フォアグリップ:TangoDown Stubby BGV-MK46K tactical grip (約5000ルーブル / Skier LL2)

エルゴ改善のためにフォアグリップを付けています。リコイルも気持ち改善w

(おまけ)木製感を一切なくしたメタリックなAKS-74U

(0.12.12.xx追記)

木製感を一切なくした、メタリックなAKS74Uのカスタムです。注意点としてサプレッサーの『TGP-A』が高価で店売りがないため、入手が難しいです。性能度外視の見た目重視のAKS-74Uになっています。

銅色のハンドガードは、『Alfa Arms Gollaf handguard』でメカニックLL2から5000ルーブルほどで手に入りますが、上で紹介したサプレッサー『AK-74 Hexagon 5.45×39 sound suppressor』はサイズ的に適合しません。

メタリックなハンドガードを使うためには、サプレッサー『TGP-A』をフリマかレイドで手に入れる必要があります。

TGP-Aサプレッサーが高額!見つけたら絶対に持ち帰ろう。
Alfa Arms Gollaf handguardはメカニックLL2から入手可能

まとめ:ちょっといい武器を持ってレイドにでる

「AKS-74Uにお金をかけてカスタマイズする意味」について考え始めると、そもそもカスタマイズしなくてよくね?となるかもしれません。

でも、ロストするかもしれないというハラハラ感、いい武器でキルしたときの高揚感、タスクをこなすだけなのに武器をカスタマイズするワクワク感。こうした感情を楽しみたいじゃないですか。

「ちょっといい武器をもってレイドに出る」という楽しみが、タルコフでは大事だと個人的には思っています。この記事を参考にしてもらえると嬉しいです!

最後までよんでいただき、ありがとうございます。タルコフのネタを、Twitterでもつぶやきます!

タルコフの購入を検討している方、すでに購入してタルコフを楽しんでいる方、ベテランの方、初心者の方、私のTwitterを気軽にフォローやDMお待ちしておりますー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました