[EFT] “Server Connection Lost” が頻発する!タルコフができない!ときの対処法を解説。

Escape from Tarkov( タルコフ )

EscapefromTarkovというゲームは、オンラインゲームであり、他のユーザーに迷惑をかけないためにも、ネットの回線状況が悪いとレイドを強制終了させられる仕様となっている。

強制切断されると表示されるのが、“Server Connection Lost”。

タルコフをやっていて一番テンションの下がる瞬間だ。

どれだけいいアイテムを集めても、強制切断されると、全てロスト。運良く再接続できても、回線状況が悪いと、再度切断されてしまいます。

回線が悪くなる原因は大きく分けて3つあり、

  1. ゲームサーバー自体の不調
  2. 家庭内の回線不調
  3. 家庭外(WAN側)の回線不調

2は自分でできる対策でなんとかなりますが、1と3はどうしようもないので、諦めてください。

夜間や休日の前夜など、インターネットのトラフィックが多くなるときに、1と3はよく起こります。1~3の原因を切り分ける方法と自分で試してみるべき対処法をご紹介します!

①ゲームサーバーの状態を確認する

EscapefromTarkovのサーバーに問題が起きていないか確認(重要)

Downdetectorというサイトで、ゲームサーバーが正常に動いているかどうかを確認できる。

もしサーバーに問題があるときは、これ以上特にやることはなく、運営がサーバーを整えてくれるまで気長にまとう。

Please Wait... | Cloudflare

(2021年12月追記)

タルコフの公式がサーバーステータスを表示するホームページを公開しています。こちらもチェックしましょう。

EFT status page

②家庭内の回線不調を切り分ける

Windowsの再起動し、ゲームに不要なプログラムをシャットダウン

不調のときは必ずWindowsを再起動しよう。さらにSteamなど、タルコフをプレーするのに関係ないアプリはすべてシャットダウンするようにする。

忘れがちなのが、バックグラウンドで録画するようなアプリをきることです。NVIDIA Geforce ExperienceのIN-GAME OVERLAYはデフォルトでオンになっているため、オフにしよう

家のネットワーク回線の速度とPINGを確認

インターネットの状態を簡単にかくにんする。SPEEDTEST.NETにゲームPCからアクセスして、ネット速度を計測する。

特に重要なのは、PINGの状態が50ms以下であることを確認しないといけない。またネットワーク回線の速度も、最低でも10Mbpsは出ていることを確認する。

Speedtest by Ookla - The Global Broadband Speed Test
Use Speedtest on all your devices with our free desktop and mobile apps.

正常にテストできた回線だとこれぐらいの数値が出る。

正常なPINGとならない場合は、家の中もしくは家の外(WAN側)で問題があると思われます。

  • 無線接続(WiFi利用)の場合は、有線LANで接続する
  • ルーターを再起動する
  • 一時的に、ルーターを介さず、ネットに直接つないでみる(これで改善すれば、ルーターの買い替え)

など、家の中のネット環境を丁寧に確認する必要がある。正直めんどくさいが、ルーターの再起動などで改善した経験は多々あり、試す価値はあります。

パケットロスの確認

まず、Windows左下のサーチボックスに「CMD」と入力すると、コマンドプロンプトアプリが表示されるので、クリックして起動する。

GoogleのサーバーにPINGを送り、パケットロスを確認するために、コマンドを入力しエンターを押す。

ping -n 100 google.com

結果の表示にパケットロスの項目があるので、ロス2%など表示されていれば、ルーターを交換したり、ルーターを介さずに直接パソコンを繋いで再度テストする。

正常な場合は、次のように表示される。

Lost = 0 (0% loss)

接続しているタルコフのサーバーが適切かをチェック

BattleStateGamesランチャーで接続するサーバーを変更できます。自分の住んでいる地域にちかいサーバーを選ぶようにしましょう。

選ぶ基準は、PINGは100以下となるサーバーです。サーバーを絞るとマッチは遅くなりますが、ネットワークが不安定なときは、「日本のみ」を選ぶようにしてプレーして、様子を見ます。

ゲームデータの整合性をチェック(念のため)

BattleStateGamesランチャーの右上にある設定ボタン(下矢印)から、ゲームデータの整合性をチェック。問題があったことはありませんが、念のため。

DNSキャッシュの削除

パソコンに保存している、DNSキャッシュを削除しても改善することがあるらしい。 効果があったことはないが…

コマンドプロンプトアプリから、下記コマンドを実行する。

ipconfig /flushdns

まとめ

以上全てをためして改善しない場合は、ネットのプロバイダに直接相談するしかない。プロバイダに相談する際も、試したことをメモして相談するほうがスムーズでしょう。

ゲームサーバーまでの中継地点に問題があるときは、エグジットラグというサービスで改善する可能性があります。

エグジットラグが有効となるのは、遠方のサーバー(ロシアサーバーなど)につなぐときで、中継地点の問題が減ります。トライアルはクレジットカード登録不要&無料なので、余裕のある人は試してみてください。

少しでも快適なタルコフライフを送ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました