[Steam] Xbox Game Pass for PCのゲームをSteam Linkでプレイする方法。マインクラフトも遊べます。

Steam

こんにちは、アフロドッグです。

Xbox Game Pass for PCは、月額制のゲームをプレイし放題サービスで、『ドラクエ11』や『Age of Empires IV』『マインクラフト』といった人気ゲームをパソコンで遊ぶことができます。

Steam Linkとは、母艦(メインのゲーミングPC)のゲームをストリーミング配信することで、リモート(家の中や外出先)で遊ぶことができるサービスで、手元のスマホ、iPhone、低スペックなノートパソコンでSteamのゲームを遊ぶことができます。もちろん、手元のデバイスはインターネットか家庭内LANにつながっている必要があります。

そもそもXbox Game Passには、Xbox Cloud Gamingが含まれているので、わざわざSteam Linkで遊ぶ必要がないと思われる方もいるかもしれません。

ところが、Xbox Cloud Gamingは、Xbox版ゲームのクラウド版です。PC版ゲームのクラウド版ではないんですね。なので、“Xbox Play Anywhere”対応タイトルでないと、PC版とクラウド版でデータを共有できないという問題があるんですね。

たとえば、Slay the Spireというカードゲームは、PC版とXbox版でのデータ共有ができません。そこで、PC版XboxゲームパスのゲームをSteam Linkで遊んじゃおう!ということになりました。

この記事でできるようになること

  • 『Windows版マインクラフト』をSteam Linkで遊べるようになる
  • UWPアプリ(Xbox Game Passのゲーム)をSteamライブラリに追加したり、Steam Linkで遊んだりできる
  • Windows Storeアプリ、Reshade / SweetFXといったグラフィック処理をつかったゲーム, Originのゲーム、Epic Storeのゲーム、Uplayのゲーム、エミュレーターのゲーム、ほとんどすべてのゲームをSteamライブラリに追加できるようになる

Steam Linkを設定する

Steam Linkの設定自体はとても簡単です。

母艦(ゲーミングPC)の準備

母艦となるゲーミングPCで、Steamを起動して、設定>RemotePlayとすすみ、有効にチェックを入れます。

クライアント(手元のデバイス)の準備

手元のデバイスにSteam Linkアプリをインストール。

わからないときは、公式ヘルプに詳しいQAがあるので確認してみましょう。

Xbox Game PassのゲームをSteamライブラリに追加する

ゲームをSteamライブラリに追加できれば、Steam Linkを起動して遊ぶことができます。

GlosSI (Global systemwide Steam Input)とは?

Steamには「非Steamゲームをライブラリに追加する」という機能が公式にあります。(補足に後述

ところが、Xbox Game Passのゲームは、特殊なUWPアプリにあたるので普通にはSteamライブラリに追加できません

そこで、有志が開発したGlosSIというWindowsソフトを使って、Steamライブラリにゲームを追加していきます。そうすることで、Steam Linkでゲームを起動したときに、Steam Link側のコントローラを使って遊ぶことができます

厳密に言うと開発者は「GlosSIはSteam Link/Remote Playに対応していないので、サポート対象外」と名言しています。ところが、実際はそこそこ使えます。おそらくリモートプレイまでサポートしていると、忙しすぎるから切り捨てたのだと思います。

ちなみにGlosSIは、以前はGloSC (Global Steam Controller)として知られていましたが、GlosSIが後継の新しいソフトになります。

GlosSIのダウンロード

https://github.com/Alia5/GlosSI/releases もしくは https://glossi.flatspot.pictures/#downloads

GithubのリリースページからGlosSI最新版をダウンロードしましょう。プレビュー版のため頻繁に更新されています。

記事執筆時点では、v0.0.7.0が最新版でしたので、このバージョンをもとに記載しています。

AssetsからGlosSI-xxxxxx.zipのファイルをダウンロードします。

GlosSIのインストール

ダウンロードしたフォルダを適当なフォルダに解凍してください。Cドライブ直下とかでもいいでしょう。フォルダ名からバージョンを削除し、フォルダ名を「GlosSI」にリネームします。

C:\GlosSI

フォルダの中に

  • ViGEmBusSetup_x64.msi
  • HidHideMSI.msi

この2つのインストーラーが入っているので、それぞれダブルクリックしてインストールします。

SteamライブラリにXbox Game Passのゲームを追加

フォルダ「GlosSI」内にある、GlosSIConfig.exeを起動します。

右下の+をクリック。

Xbox Game Passのゲーム(マインクラフト等)を追加したい場合は、UWP APPをクリックします。もし、他のアプリ(Epic Storeなど)を選びたい場合は、WIN32 Programを選びます。

このようにインストールされているゲーム一覧がでますので、追加したいゲームを探しましょう。

デフォルトの設定のまま、DONEをクリック。もし名前を変更したいなら、Nameのところを好きな名前に変えます。ローマ字でもいいので、アルファベットが無難だと思います。

ライブラリについかするために、オレンジで囲ったSteamライブラリへの追加アイコンをクリックします。

Steamを再起動して、ライブラリに好きなゲーム(下の画像ではマインクラフト)が追加されていれば成功です。

以上です!

楽しいSteamライフをお過ごしください。

(Windowsストアのアプリってなんでこんなに扱いがややこしいんだろう…)

補足:普通のインストール型ゲームをSteamライブラリに追加する方法

ちなみにROMで売ってるようなインストール型のゲームは、Steamライブラリから「非Steamゲームを追加」で簡単に追加できます。Xbox Game Passのゲームは特殊なため上記のような方法を取る必要があります。念のため。

コメント

タイトルとURLをコピーしました